【大阪】ドローン撮影を検討中の方必見!撮影の重要ポイントとは?

大阪でドローンでの動画撮影をするならドローン撮影に関する法律や知識を知っておこう

大阪でドローン空撮を検討している方は、大阪府枚方市の関西ドローンラボへご相談ください。ドローンで動画を撮影するためには、法律を含めてポイントを押さえた撮影が大切です。動画撮影のポイントを知ったうえで、ドローン空撮を検討すると、よりよい動画撮影ができます。

【大阪】ドローンを使った動画撮影のポイントは?

大阪の関西ドローンラボがドローンの法律・練習における動画撮影のポイントを解説

ドローン空撮とは、無人航空機のドローンにカメラを設置し、空中から動画や画像を撮影することです。ドローン空撮であれば、地上からはなかなか捉えられない角度から撮影ができるため、一風変わった動画や画像を撮影できます。しかし、ドローン撮影の際には押さえておくべきポイントがあります。

法律

ドローンにかかわる法律は以下のとおりです。

  • 航空法
  • 小型無人機等飛行禁止法
  • 道路交通法(第七十七条)
  • 民法(第二百七条)
  • 電波法

これらの法律を無視してドローン空撮をした場合、法律で罰せられる可能性もあるため、法律を順守しているか必ずチェックしてください。

練習

ドローンは、上記のように飛ばす際の法律があるため、外での練習がなかなか難しい側面もあります。そのため、屋内外での練習をどのように行うかも重要です。特に屋内では、機体を傷つけないように保護する気遣いも忘れてはいけません。

ドローン空撮を始める際、まず必要なのは安全にドローンを運用するための法律やルールといった知識です。しかし、ご自身でドローンの技術を身につけて納得のいく撮影をするのは簡単ではないかもしれません。その際には、プロに依頼する選択肢もあります。

ドローン空撮はプロにお任せ!大阪の関西ドローンラボが理想の動画を撮影

ドローン空撮はただドローンを飛ばして撮影すれば良いわけではなく、ドローンを飛ばすために許可を取ったり、ドローンを練習するための場所を確保したりしなければなりません。ドローン空撮により地上では見られない動画を撮影できる一方、手間に感じたり、手間をかけた割には納得いく動画が撮れずに諦めてしまったりするケースも少なくありません。

大阪でドローンを活用し、理想的な動画を撮影したいとお考えの方は、ドローン空撮のプロである関西ドローンラボにご相談ください。お客様の理想とする動画撮影をサポートさせていただきます。

大阪でドローンの動画撮影を依頼するなら関西ドローンラボ

会社名 関西ドローン・ラボラトリーズ株式会社
所在地 〒573-0084 大阪府枚方市香里ケ丘11丁目35−52
設立 令和元年12月
代表者 代表取締役 古川 浩次
Tel 090-5673-8116
E-mail kansai.drone.lab@nifty.com
事業内容
  1. ドローンによる空撮映像サービス事業
  2. 画像・映像編集事業
  3. Web3Dグラフィックス制作事業
  4. その他関連事業
URL https://www.kansai-dronelab.com/

© 2024 関西ドローン・ラボラトリーズ株式会社